本文へスキップ

TEL. 093-581-2022

〒803-0817 北九州市小倉北区田町14−28 ロイヤービル6F

離婚について

離婚とは

「離婚」とは法律上の夫婦の婚姻関係を解消することを指します。


離婚手続き

○○○○○○○○イメージ 離婚をするための主な手続きは、離婚協議・離婚調停・離婚裁判の3種です。

(1)離婚協議
 夫婦の話し合いにより離婚をする手続きが離婚協議です。夫婦の合意に基づいて作成された離婚届を市区町村役場に提出することで離婚が成立します。


(2)離婚調停
 離婚調停は、公平かつ中立的な調停委員の関与の下で離婚の話し合いを進める手続きです。離婚調停の手続きにおいて夫婦の合意が整えば調停離婚が成立します。

(3)離婚裁判
 離婚調停の手続きでも離婚が成立しない場合、離婚するために離婚裁判を提起するという方法があります。離婚裁判は、不貞行為(浮気)や悪意の遺棄といった法定の離婚原因がある場合に、家庭裁判所が強制的に離婚を成立させる手続きです。

離婚の手続

手続き

夫婦の合意の要否

家庭裁判所で手続きを行うことの要否

法定の離婚原因の要否


協議離婚

夫婦の話し合いで離婚を進める手続き。離婚届の提出により離婚が成立する。

  必要   不要   不要   


調停離婚

家庭裁判所の調停委員の関与の下で離婚の話し合いを進める手続き

  必要   必要   不要


裁判離婚

法定の離婚原因がある場合に、家庭裁判所の裁判で離婚を行う手続き。

  不要   必要   必要

離婚に伴う諸問題

 また、離婚に際しては、離婚自体の問題の他、親権や養育費、面会交流といった子どもの問題、財産分与、慰謝料、年金分割といったお金の問題が付随して発生することがあります。

 離婚すること自体に夫婦が納得していても、子どもの問題・お金の問題が解決できず、結局、終局的な離婚合意ができないという場合も珍しいことではありません。

親権

未成年者の子の財産管理や身上監護を行う権利を指します。

養育費

非監護親から監護親に対して支払われるべき未成年者の子の生活費や教育費等を指します。

面会交流

非監護親と未成年の子の交流を図ることを指します。

慰謝料

離婚の原因を作出した一方配偶者が故意又は過失に基づいて他方配偶者に精神的苦痛を与えた場合に、その他方配偶者の精神的苦痛を慰謝するために支払われるべき賠償金を指します。

財産分与

婚姻期間中に形成された夫婦の共同財産を離婚時に清算すること等を指します。

年金分割

婚姻期間中の一方配偶者の年金納付記録を他方の配偶者に分割する制度を指します。

 

離婚相談

 上記のような離婚と離婚に伴う法律上の問題を適切に解決していくためには、法律上の知識・知見が不可欠です。

 当事務所では、離婚に関する相談も随時受けておりますので、離婚に関わる法律問題にお悩みの方は当事務所までご相談ください。

ひびき法律事務所

〒803-0817
北九州市小倉北区田町14−28 ロイヤービル6F

TEL 093-581-2022
FAX 093-581-8410

業務時間
平日 9:00〜17:30